いつか一緒に暮らしたい人の猫ブログ[ねこじたく]

猫ちゃんの習性を考えたキャットウォーク!

neko104

ディープな猫ちゃん好きお世話係さんのお宅に必ずあるアイテムの1つに、キャットウォークがあります。猫ちゃんはやはり平面より立体がお好みですよね。猫ちゃんの習性を大切に活かした素敵なアイテムの1つです。

キャットウォークの定義としては、作業や点検のため高所に設けられた狭い通路のことです。でも、一般的には高所に設けられた猫ちゃんの狭い通り道のことを指します。

キャットウォーク、猫ちゃん好きとしてはたまらないですよね。私はスゴく憧れがあります^^。壁に取り付けて部屋をグルリと一周出来るようにしたり、天井を横断できる通路を作ったりしたいです!部屋自体は狭くても、うまくキャットウォークをつければ、猫ちゃんの運動量は心配ないです!

持ち家だったら、もう好きなように出来ます!でも、賃貸マンション・アパートだと壁に穴は開けられないですよね。でもそこも、大丈夫です!そういう賃貸住まいのお世話係さんのために、釘を使わないキャットウォークもあります!天井や壁面に突っ張りを使って設置する方法です。

まずは、キャットウォークをつける時の注意点にどんな事があるのか調べて見ました。

  • 猫ちゃんのどんな動きにも耐えられる安全性を考える
  • いつも清潔に保てるよう、簡単に掃除が出来る場所に設置する
  • キャットウォーク上で猫ちゃんが吐いた場合の、インテリア的な事・掃除の事を考えた配置にする
  • 多頭飼いの場合は、2匹がすれ違える幅があるか
  • 少なくとも2ヶ所以上から上り下り出来るようにする
  • 板にガラスを使用する際は地震対策をする
    …などあげられます。

猫ちゃんの安全は絶対です!自分で取り付ける場合は特に気を付けねば!結構猫ちゃんは激しい動きをする時がありますよね。それに耐えられるキャットウォークでなければなりません。

また、しっかりインテリア的にシミュレーションしてからキャットウォークを設置しないと、後々困ることもあります。家具の移動や追加など可能性がある場合を想定しておきましょう。なかなか難しいですが^^;。ネジで留める場合などは、穴が開いちゃうし…。つけ替えるのも大変ですから。

ウチはA~Cパターンのシミュレーションをしています。まあ、コンセントの位置など変えられないものを基準に家具の置き場が決まってきますよね。あまりコードをのばしたくないので。そこからレイアウトのバリエーションを考えて。そして、割と小さめの家具の考えられる移動想定をしっかりしておけば大丈夫です!猫ちゃんのジャンプ力は驚異的なので、設置する高さは結構高くても大丈夫だと思います。他の家具から飛び移れる様に考えておけばOK!あとは2ヶ所くらい猫ちゃんが上り下り出来るようにキャットウォークの配置を考えます。

なんか、ワクワクしますね!キャットタワーとうまくコラボさせて…などなど楽しい♡

この記事にコメントする

*
DigiPress

Facebookでコメント

Return Top