いつか一緒に暮らしたい人の猫ブログ[ねこじたく]

壁の傷や汚れを何とかしたいっ!~ネイルキャップ

neko102ネイルキャップは、猫ちゃんの爪とぎ習慣やイタズラによる引っ掻かれ傷(外傷)を引っ掻いて中々治らない…などの問題を解決するため、アメリカの獣医さんによって開発されました。ソフトクローとも呼ばれています。

ネイルキャップ自体はビニール製が多く、猫ちゃんの爪にはまりやすい形になっています。そのビニール製の爪型に接着剤をつけ、猫ちゃんの爪に装着します。接着剤が固まるまで5分程度猫ちゃんをじっとさせておきます。固まったら完成です。

万が一猫ちゃんがネイルキャップを飲み込んでも大丈夫な安全素材で作られています。もちろん接着剤もヒトの外科手術などにも使われている安全なものです。

ネイルキャップのことで、私が一番危惧しているのが、猫ちゃんのストレスです。爪とぎは猫ちゃんの大切な習慣。ネイルキャップはその行動自体を止めるものではありません。爪とぎは出来ます。でも、先の丸いキャップで傷はつけられません。猫ちゃん的には、バリバリやって傷を残すことで、縄張りを主張したり、自分を大きく見せたりしています。それができないと、猫ちゃんはかなりなストレスになってしまうのでは?と。

考えても分からない事は、調べたほうが早い!ネイルキャップを使ったことのある現役お世話係さんの意見が、一番参考になると思い検索してみました。

まずは、ネイルキャップを使っているお世話係さんはどれくらいなのか。結果、私の印象では7:3くらいでネイルキャップは使用していないという意見が多かったです。

使用していない理由については、

  • すぐ取れてしまう
  • 猫ちゃんに装着するのが大変
  • 値段が高い
    …などでした。なるほど。

すぐ取れてしまうのか~。つけたその日のうちに取れちゃうケースも多々あるようです^^;。前足後ろ足ありますから、装着するのも大変なのに、すぐ取れちゃうと悲しいですね…。

そして、値段!結構するようです。ピンキリでだいたい500~3000円くらい。入っている爪の個数が違ったりもするので、一概にはいえませんが。

特に猫ちゃんが嫌がったり、ジャンプして滑り落ちたりなどは、そんなにないようです。でも、個猫差があるので、猫ちゃんがいつも以上に頻繁に体を舐めたり、落ち着かなかったりなど、いつもと違う様子であれば、やめてあげましょう。

ちなみに、使用している理由も調べてみました。

  • 壁で爪とぎをしても傷がつかなくなった
  • 床に傷がつかなくなった
  • 引っ掻かれなくなった
  • 見た目かわいい
    …などでした。

もし、猫ちゃんにストレスがないなら、一度は試してみたいです。装着する苦労も^^。←実に大変そうです…♪。すぐ取れて、お世話係の足裏に刺さってガッカリしてみたり…。いやいや、何事も経験ですよね!お世話係の醍醐味でありますw。

というわけで、次回は実際の商品をリサーチしてみようと思います!

この記事にコメントする

*
DigiPress

Facebookでコメント

Return Top